お問い合わせ・ご予約072-625-2001 Webからのお問い合わせ・ご予約 朝倉クリニック・歯科 茨木駅前分院はこちら

歯科治療お役立ちブログ

妊娠中に歯科治療を受けるメリット

前回、放射線被曝量のお話の中で、少し妊婦さんの歯科治療にふれたので、今回は妊娠中に歯科治療を受けるメリットについて書いていきたいと思います。

早産・流産のリスクを低減

妊娠中の喫煙や飲酒が、早産や流産のリスクを高めることはよく知られていますが、実は歯周病も早産や流産のリスクを高めると言われています。しかも、その危険性は喫煙や飲酒の約5倍とされています。妊娠すると女性ホルモンが増加しますが、女性ホルモンにはある特定の歯周病菌の増殖を促すなどの作用があります。

つまり、妊娠中はそれ以前よりも歯周病にかかりやすい状態であると言えるのです。

歯周病は早期に発見すれば、症状を抑制することが可能ですから、妊娠がわかった時にすぐに歯科医院でお口の中の健康状態を確認して、安全に出産を迎えられるようにしてください。

出産後も病気リスクを低減

一般的に、出産後は虫歯や歯周病などの病気にかかりやすくなるります。しかし、妊娠中に治療を受けて、出産後の病気リスクを低減しましょう。

生まれてくるお子様の虫歯リスクを低減

お母様の口腔内に虫歯菌が多いと、虫歯菌がお子様の口腔内に入り込み、将来虫歯になりやすい子にしてしまう場合があります。出産までに治療を受けられて、口腔内を清潔な状態にしておくようにしましょう。

  • twitter
  • facebook