お問い合わせ・ご予約072-625-2001 Webからのお問い合わせ・ご予約 朝倉クリニック・歯科 茨木駅前分院はこちら

新着情報・お知らせ

2017.12.28

2018元気に健康で迎えましょう。来年も健やかに!

2017年、この年末は例年よりも寒さが厳しく、体調を崩されている方も多いのではないでしょうか。

まずはうがいと手洗いを励行して、予防に努めましょう。風邪を引いてしまった方は、栄養と休養を充分に取って、回復につとめて下さい。

2018年は「戌年」です。

十二支(子、丑、寅、卯…)は本来古代中国で方角や時刻、月を表すものとして用いられてきました。

この十二支(子、丑、寅、卯…)に、十干(甲、乙、丙、丁…)を合わせて暦年を表すことにも使われました。十干と十二支を順番に1つずつ合わせたものが干支になります。

もともと十二支の子、丑、寅、卯…亥には動物の意味はなく、庶民誰もが十二支を覚えやすくするために、身近な動物が当てられたということです。なぜ「いぬ」なのかという明確な理由はありません。

ところで、2018年を正確に言うと干支は“戊戌”(つちのえいぬ)となります。

最初の1文字をそれぞれ組み合わせると、

甲(きのえ)+子(ね)で甲子(きのえね)になります。

音読みにすると「こうし」となります。

高校野球で有名な「甲子園球場」の名前は、

干支が甲子の年にできたのでこの名前がついたと言われていますよ

無学の庶民が十二支を覚えやすくするために、身近な動物が当てられたということです。

さて、「犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ」という諺のように人間に忠実で賢い動物、勤勉で努力家というイメージがあります。

歯にも「犬」がいます。別名「糸切り歯」の犬歯です。

犬歯は、顎の動きをアプローチするために、とても大切な歯です。そのことから、英語では「Kee teeth」などと呼ばれることもあるそうです。

犬歯は、他の歯に比べて根が太く深く、頑丈な歯で、上顎の犬歯は、人間の歯の中で最長の長さを持っています。

犬歯は牙のように、食べ物を “引き裂く役割”だけでなく顎の動きにもとても大切な歯です。

歯を動かすと、それぞれの歯が顎の動きにともなって横に擦り合わされますが、極端に強く擦り合わさらないように、その力を引き受けてくれるのが上下の顎にある犬歯の役割です。 そのために、犬歯は頑丈かつ、長く太い作りになっているのです。 もし、何らかの理由で犬歯を失ってしまうと、このような役割をする歯が無くなってしまい、顎の運動に影響が出てしまいます。日頃からの歯磨きで、大切な犬歯を失わないようにして下さい。

もちろん犬歯だけでなく、歯は大切です。歯のメンテナンスを歯科医院でしっかり学んで健康な1年にしましょう。

朝倉歯科医院の診療も本日午前中で終わりました。

みなさん良い年を迎えて下さい。

新しい年もよろしくお願いします。

朝倉歯科医院一同

 

  • twitter
  • facebook