朝倉歯科医院
spacer point point
head


歯周病治療


 歯周病は歯と歯ぐきの間から原因菌が入り込み、歯を支えている歯周組織を壊していく病気で、歯肉炎と歯周炎に分けられます。
 歯肉炎
歯ぐきだけの炎症で、歯ぐきが腫れて赤く充血し、ときには出血したり、ただれたりします。
初期歯周炎
歯ぐきの炎症が進み、浅い歯周ポケットができる。同様に歯槽骨の破壊もはじまる
中期歯周炎
歯槽骨の破壊が進み、歯がぐらつきだし硬いものが噛みにくくなる。歯ぐきはブヨブヨし、膿が出て口臭もひどくなる。
後期歯周炎
歯槽骨がほとんどなく、歯の根が露出する。歯は著しくぐらついて、最後には抜け落ちてしまう。

これでもウミが出てきます。
ここまでくるとウミがひどく歯が
グラグラします。
軽い程度のものなら、歯の掃除と正しいブラッシングで健康な歯ぐきに戻ります。
こういう重症の方でも手術によって歯を抜かずに手術によって歯を抜かずに治療できます。こうならないためにもあれっ?と思ったらすぐに歯科医院に行きましょう。

歯周病によって
大きくダメージを受けてもご相談ください。

痛みや歯がグラグラするといった自覚症状がでてから歯周病の進行は加速度的に速くなり、ついには歯が抜け落ちてしまうことに・・・
ですから、早期に発見して治療をするために「定期検診」や「PMTC」、歯科医院で行われている「歯科ドック」などを受診するなどして対策してください。
このような初期の段階(ブラッシングや食餌療法、歯石除去などで治療を済ませられる時期)を通り越して、大きくダメージを受けてしまっても、「できるだけ抜かずに」治療し、歯槽骨や歯肉を再獲得できる治療もあります。

次にそれをご紹介しましょう。

 

GBR法(GTR法)
 歯周病によって、歯を支える歯槽骨が骨吸収を起こしてしまっているとき、そこへ新たに骨を再生しようという方法です。処置を終えた部分に自身の骨やハイドロキシアパタイトなどの人工骨材を使って、骨の再生を促します。歯周病によってこうなってしまうと、粘膜組織が冒され歯肉の退縮が起こります。その損失量が大きいとき、失われた粘膜組織を再生させるために組織誘導膜を歯肉内に挿入して、歯肉組織を再生形成する方法がGTR法です。
プラークや歯石をのぞいた後、歯根膜が再生しやすいように、バリヤー膜を設置してスペースをつくります。ジーシーメンプレンは、生体吸収性膜なので1回の設置手術で治療します。
歯根膜の力で骨を再生し健康な歯と歯肉になります。ジーシーメンブレンは歯根膜が再生するあいだ(約6週間位)だけバリヤー膜として働きその後は組織内に吸収されてなくなります。

MGS法
 失われた歯肉の粘膜再生と、骨の保護を行なうために、コラーゲン膜を用いる方法です。この方法は、整形外科で皮膚を再生する治療にも使われています。

エムドゲインによる歯周組織の再生
 エムドゲインは歯周組織の再生へ導く可能性をもつエナメル基質由来のタンパクとして注目を集めている素材です。歯周病の感染部位や原因を取り除いた後、これを用いて歯周組織の再生を図ります。
歯周組織再生に新素材<エナメルマトリックスデリバティブ>
歯周病が進み、炎症が歯肉の奥まで達してしまうようになると歯周組織の破壊大きくなっていきます。その場合、回復させるために歯周外科手術が必要となります。そのときに行う歯周組織再生誘導材料の新素材が、赤ちゃんの時、歯の発生過程の研究から生まれた
「エナメルマトリックスデリバティブ」です。
子供のころ歯が生えてくるときに重要な働きをする、たんぱく質の一種です。現在の科学水準に基づく高い安全性確保の下、幼若の豚の歯胚から抽出精製したものです。2002年現在、世界28カ国で使用されている素材です。治療に際しては歯周病の程度、患者さんの健康状態によっても異なりますので、十分に検査診断した上で治療します。

歯周病によって大きくダメージを受けてしまっても、できるだけ歯を抜かずに受けたダメージを補い、再獲得する方法を私たちは考えています。

しかし、これらの治療をしなくてもいいように、
「予防すること」そして「悪化させないこと」が大切なのはいうまでもありません。

まずは、定期健診をはじめ専門家に相談にのってもらうことで
あなた自身の歯周病の進行状態を知って、しっかり正しいブラッシングをしましょう。


歯槽骨内部に膿がたまり大きく腫れができています。
手術で膿の袋をとり、GBR法で骨を再生しました。

痛い!と直接感じない歯周病。
健康な歯肉は淡いピンク色をして、ひきしまっています。
あなたは健康ですか?チェックしてみましょう。
 1.歯肉が赤くはれている。
 2.歯肉から血が出る。
 3.歯がグラグラする。
 4.口臭がする。
 5.朝起きたとき、口がネバネバする。
 6.歯と歯の間にすき間ができすぎている。
 7.歯石がたまっている。
 8.歯肉が下がっている。(歯が長くみえてきた)
 9.冷たい水を飲むと歯がしみる。

 


http://asakura-dental.com
Copyright(C)2007 Asakura Dental Group. All Rights Reserved.