朝倉歯科医院
spacer point point
head



レーザー治療

広範囲な歯科治療を レーザー(炭酸ガスレーザー)で優しく治療
 麻酔のダメな人、その他アレルギー体質の人、妊婦の方、人工透析治療を受けられている方(カルシウム不足で歯が弱っている人)にも痛みがなく優しく治療をすることができるレーザー治療を行っています。レーザー光の調節で、さまざまな歯科治療に応用できるのです。歯を削らずに虫歯になった箇所を蒸散(一瞬のうちに蒸発・殺菌)させて治療。虫歯の予防(レーザー照射で歯の表面を一瞬溶かして、再度凝固させると硬く強くなるのです)。
歯の神経の病気の治療、歯の根に溜まったウミを除去するメスに使用したり、口内炎の治療にも使っています。また、歯周病(歯槽膿漏)にかかった歯茎の治療にも利用します。
歯や歯茎を健康的な色(色素の除去による審美的な治療:ブリーチングのページも見てくださいね)にすることにも応用します。
もちろん、外科・整形外科で使われているようなレーザーメスとしても使用します。(痛みが従来のメスを使った時よりも小さいのが特徴です)

歯肉の70%以上は水分です。COレーザーは水分への吸収性が良いので、軟組織に照射すると、表層で吸収。瞬時に高温となり、生体の蒸散をもたらしますので、周囲組織への損傷がほとんどありません。レーザーの種類によっては組織の深部まで透過するレーザー光もあり、用途が異なってきます。

 

たとえばこんなときに、レーザー治療をもちいることができます。
歯周病による歯肉の腫脹
歯肉が腫脹しています。
歯肉の腫脹がなくなっています
術前
2週間後
このような症例でも術中、術後のいたみはなく、麻酔なしで処置しました。歯周病による歯肉の発赤腫脹、膿が出てくるなどの症状には、レーザー治療は最適です。
歯肉切除
術前
術直後
7日後
麻酔なしでの切除です。術中は多少のチクチク感はありますが、術後は痛みはありません。 黒く炭化している部分は2〜3日で取れます
 
術前
術直後
7日後
表面麻酔だけでレーザーを照射する事により、黒ずんだ歯肉をピンク色に回復します。
通常、術中、術後に痛みはありません。(症例は比較のため、半分だけ歯ぐきにレーザーを照射しました。)

 

 


Copyright(C)2007 Asakura Dental Group. All Rights Reserved.