朝倉歯科医院
spacer point point
head



抗カビ剤で歯周病(歯槽膿漏)治療

歯周病(歯槽膿漏)治療に新たな治療法として、朝日新聞にも掲載された抗カビ剤による治療を当医院でも採用しています。

抗カビ剤使用による効果

・口臭がしなくなる。
・歯磨きのときに出血しなくなる。
・歯がつるつるになる。
・歯がしみなくなる。
・歯がグラグラしなくなる
・歯茎が健康になる。
・口の中のネバネバ感がなくなる。

 歯周病(歯槽膿漏)の原因はカビとバイ菌。ほとんどの人の口の中に常に存在するカンジダアルビカンス(カビ)と小さなバイ菌が異常に増えることで、歯槽膿漏や虫歯が発症します。プラーク(歯垢)の大部分もこのカンジダアルビカンスです。
このカンジダアルビカンスを薬(抗カビ剤)と丁寧な歯磨きによって取り除くことによって、1週間ほどで体感できるような効果を得ることができます。

抗カビ剤の含まれた歯磨き剤は医薬品です。当医院の指示に従って使用してください。

歯磨き指導を確実に実行して「健康で長生き」。何でも食べることのできる「歯と歯茎」になりましょう。

≪3Dシステム≫
3Dシステム(Dental Drug Delivery System)

歯周病はミュータンス菌などがお口の中で増殖し、強固に結合してできるバイオフィルムに守られた細菌病巣が、毒素を生産して歯肉や歯槽骨、顎の骨を蝕んでいく感染症です。このバイオフィルムは抗生物質などの薬品すら透過させず、PMTC(専門家による歯の清掃)などで物理的に除去するしかありません。
3DシステムはバイオフィルムをPMTCなどで除去した上に感染を起こす細菌を寄せ付けないために行う、原因除去の予防システムです。歯の型を取り、トレーをつくり除菌・歯質の強化を促す薬品を塗布して口腔内にセットし、細菌によるバイオフィルム形成をシャットアウトする新しいシステムなのです。

Copyright(C)2007 Asakura Dental Group. All Rights Reserved.