朝倉歯科医院
spacer point point
head



歯科用CT」導入により、より安全的確な治療
「見えないところも的確に診断」

一般によく聞くCTとはComputedTomographyの略です。 コンピュータを駆使したデータ処理と画像の再構成で断層写真を得ることができる装置です。従来のパノラマレントゲンでの検査方法では判断が難しかった症例の診断が容易になり、インプラントなどの外科治療、矯正治療、歯周病治療、根管治療(根っこの治療)などに利用されています。朝倉歯科医院でも歯科用CTを導入しました。

 

「歯科用CTとは」
歯科用CTは、近年開発された歯科用に特化した装置でコンビーム(円錐状のX線照射)方式を用いているためコンビームCTとも言われています。この方式を使用することにより歪みの少ない繊細な画像を断面で見ることができます。短時間の照射でX線量も少ないので、被ばく量が少なく安全であるのが特徴です。従来のパノラマX線写真では2Dの平面の診断しかできませんでした。CTでは3Dでの立体画像が可能になりますので、より多くの情報が得られます。CTは高額な装置の為、大規模な病院のみに設置されたいましたが、近年、インプラントや歯周病治療など高度で難易度の高い症例において正確な診断をするために必要となり、一般の歯科医院おいても導入され始めています。 CT画像01

 

「安全な歯科治療のために」

歯科用CTの特徴
@「見えなかったものが見える」 従来のレントゲンで見えなかった部分が容易に確認できるようになりました。
A「解らなかった事が解る」 顎や歯だけではなく上顎洞(鼻の奥)の形態や粘膜の状態、病巣などを立体画像で確認できます。
B「治療の安全性が広がる」 インプラントなど外科的治療、矯正治療、根管治療、親知らずの抜歯など、幅広く治療に応用でき、正確な診断が可能になりました。
歯科用CT画像02

 

 

「歯科治療における役割」

CTでの診断は、インプラントの埋入する部位の術前の骨の状態(質や厚み、高さ、形態等)を正確かつ確実に診断できます。矯正治療では術前に顎骨や軟組織の状態が解るので、歯の移動の限界が予測できます。歯周病は細菌感染による骨の破壊が起きる病気である為、破壊の程度を全顎的に3Dで三次元的に、より正確に把握することが可能になりました。親知らずの抜歯や腫瘍なども顎の神経や血管との関係を立体的に把握することができ、安全に外科的処置ができるようになりました、根管治療では、歯根の先端の病巣を三次元的に把握でき、より正確に治療が出来るようになりました。こうしたCT装置の診断は特別なケースを除き、保険診療での受診が可能です。

 

歯科用CT

医院が導入したMORITA社のCT

 


Copyright(C)2007 Asakura Dental Group. All Rights Reserved.