朝倉歯科TOP > お子さんでも安心できる治療法

悪い歯並びにさせない小児咬合(こうごう)誘導

歯並びを良くするために小児だからやるべき治療です。
小児の咬合誘導は「成長や乳歯の生えかわり」を利用して咬み合わせや不正咬合を防ごうというものです。
最近多くなっている乱杭歯や受け口も予防することができます。


咬合誘導を小児の混合歯列期にする目的は、
1)上下の顎の位置関係を是正する。
2)顎の位置関係に伴う口腔周囲の筋肉の機能回復させる。
3)奥歯の咬み合わせ関係を改善する。
4)永久歯の生えかわりのためのスペースを確保し、誘導する。
5)上下の歯の正中線を一致させる。
6)全身的な疾患と関連する歯列異常の改善をする。

小児期で行うことで治療がほかの時間に比べて短い期間で行えるため、患者さんの精神的な面、治療費の面でも負担が少なく、将来の健康維持にもつながるものです。


小児の咬合誘導 治療ケース

小児咬合誘導 咬合01 咬合02

1.小さな矯正装置で歯牙を誘導しています。

2.上顎にプレートを入れて、歯を内側から正しい位置に押して移動させていきます。 3.移動を終えた後はその位置に収まるように保定装置を装着します。

 



無痛治療と音楽療法

 

虫歯はもちろん食べかすが歯の周りに残って、歯を溶かしていって穴が開いたものです。 でも食べかすだらけなのに虫歯にならない子も、きれいに磨いているのに、虫歯が止まらない子がいます。

理想は、虫歯のない子が年に一回くらいフッ素を塗りにきて、きれいな歯並びで永久歯がはえそろうまで守り育てていくことです。

 

「乳歯の虫歯」をほうっておくと、永久歯までもさまざまな悪影響を及ぼします。最近の小児治療はさまざまな工夫がなされているので、出来るだけ早い時期に治療を受けましょう。

 

*虫歯の原因  虫歯の3条件は歯の質、食べ物、細菌
歯磨きの習慣や早目の治療などが普及し、子供の虫歯の発生は年を追って少しずつ減少していますが、乳歯の虫歯を見ると「約2人に1人は虫歯がある」というデータがあります。乳歯の虫歯を放っておくと永久歯にさまざまな悪影響を及ぼすことになりますから、虫歯の予防と早期発見・早期治療に留意しましょう。


虫歯ができる3つの条件


虫歯は「歯の質」「食べ物(糖質)」「細菌」という3条件が全て重なったときにできます。

@歯の質
乳歯、永久歯とも、生えたばかりの歯は未熟で柔らかいため、虫歯になりやすいという特徴があります。特に乳歯は永久歯に比べ弱く、薄く未熟なために、虫歯になると急速に進行します。生えてから2〜3年の間は特に注意が必要です。

A食べ物(糖質)
「砂糖抜きのおやつ」にしていても虫歯になります。糖質(砂糖)は、砂糖が入ったお菓子以外の食べ物や飲み物の中にも入っているので、お菓子を食べないからといって安心できません。

B細菌(虫歯菌)
常在菌である虫歯菌が歯に着くと、食べかすが歯に着きやすくなります。そして、虫歯菌の作用により食べかすはネバネバと粘り気(粘着性)を持ち、歯垢(プラーク)となり、歯から簡単に取れなくなります。 歯垢ができると虫歯菌はそこで増殖し、「糖分」を取り込んで活発に活動し、酸を出し、この酸が歯を溶かし虫歯を作ります。
一方、大人では、歯垢を放置するとカルシウムを取り込んで硬くなり、「歯石」を作ります。歯茎より深いところにたまった歯石は、歯の根の周りを溶かして「歯周病」の原因となります。

*虫歯の進行度
一般に、痛みが無いうちは虫歯に気がつきにくいものです。しかし、虫歯は放っておくとどんどん進行するので、大人が早めに見つけることが大切です。

 

@虫歯の進行度と状態
虫歯の進行度は軽いほうから「CO・C1・C2・C3・C4」と表します。

・CO(シーオー):歯の表面、つまりエナメル質からカルシウムが溶け出している状態。表面に白い斑点ができますが、痛みなどの自覚症状はありません。
・C1:エナメル質内の虫歯。痛みなどの自覚症状はありませんが、虫歯の範囲が黄色味を帯びるので、見つけることが容易であり治療も簡単です。
・C2:象牙質に達した虫歯。この時期に気づくことが多く、冷たいものや甘いものがしみます。
・C3:歯髄(神経)にまで進んだ虫歯。何もしなくても痛みを生じ、夜寝てからズキンズキン痛むことがあります。治療として、神経を抜く場合が少なくありません。
・C4:歯の根まで進んだ虫歯。感染して根の先に膿が貯まったり、歯肉が腫れたりします。膿の袋が破けると、痛みが軽くなることがあります。神経の治療をしたり、場合によっては歯を抜くことになります。

A乳歯の虫歯が原因で起こる問題
乳歯の虫歯を放置すると次のような問題が起きます。

・永久歯が虫歯菌のいる悪い環境の中で生える  虫歯になりやすくなります。

・永久歯の芽に障害を与える  乳歯の虫歯が根まで進むと、歯茎の中にあるまだ柔らかい永久歯の芽に炎症が起きます。これにより永久歯の色が黄色くなる、永久歯の一部が形成されなくなる、ひどい場合は永久歯の芽が死んでしまうことがあります。

・永久歯の歯並びが悪くなる  虫歯のために、普通に生え変わる時期より早く乳歯を抜くと、永久歯が生える場所が狭くなり、また無くなって歯並びが悪くなります。

・発音が上手くできなくなる  虫歯で歯が抜けたり、歯並びが悪いと、舌の動きがおかしくなったり、空気が歯の隙間から漏れようになって、「サ行」や「タ行」の発音が上手くできなくなります。

・偏食がちになる  虫歯の痛みで食べ物が上手くかめず、歯ごたえのあるものより柔らかいものを好むようになります。

 

4.虫歯の治療
   小児歯科の治療におけるさまざまな工夫

@痛くない、怖くない治療のために
小児歯科では、子供の発育や心理状態に配慮しながら、緊張せずにリラックスして治療が受けられるよう、さまざまな工夫をしています。「壁の色、歯科医師や衛生士の服の色を工夫する。」「受付の窓口や洗面台の高さを低くする。」「待合室を楽しい雰囲気にする。」など、医療機関ごとに工夫をしています。また、治療面でも針が短く、恐怖感を与えない色や形の注射器を使ったり、ゴム製のマスク(ラバーダム)を使って、子供を治療器具や薬品から守る工夫もしています。

A子供にも十分な説明をする
歯科医師は、子供にも声をかけて、できるだけ緊張感を和らげるようにします。特に大切なのは、初めて治療するときです。最初の治療で痛みや恐怖感を感じると、その後の治療が困難になることが多いので、歯科医師は治療について保護者だけでなく、子供にも十分説明し、理解してもらうよう努めます。
B子供の治療に使われる詰め物
虫歯の治療では、歯を削ったあとに詰め物をします。この材質には現在、大きく分けると金属系と「レジン」というプラスチック系の2種類があります。最近では、プラスチック系の詰め物や接着剤の材質が向上したため、小さく削って詰めるという治療に変ってきています。削る部分が少なければ痛みも少なく、治療が受けられやすくなります。しかし、虫歯の大きさが一定の大きさを超えると、強度が必要になるため、金属系の詰め物が使われます。(子供のこのような治療は、一般に保険診療の範囲で行うことができます。)

C早い時期なら痛くない治療も可能
子供の治療に対して痛みや恐怖感を和らげるさまざまな工夫をしていますが、虫歯も他の病気と同じように早期発見・早期治療が大切です。虫歯のごく初期の「CO」の段階、つまり「要観察歯」の段階であれば、「フッ素」による予防治療も可能です。フッ素は歯のエナメル質を保護し、エナメル質から溶け出すカルシウムなどのミネラルを元の状態に戻す作用があり、虫歯をそれ以上進行させないですむ効果があります。

早い時期に虫歯を見つければ、歯を削る必要もありませんし、進行を抑えることも可能ですから、定期的な検診を受けるようにしましょう。

   

 子供の患者さんは、大人の歯がすべてはえそろっていない第一期治療と、はえそろってからの第二期治療とに分けて行っています。大人の患者さん同様、レントゲン写真、顔面写真、口腔内写真、模型などの資料から成長発育を予測した上で2〜3年後どのような横顔に変化するかをシュミレーションします。個々の患者さんの理想とされる歯並び、顎の位置、口元の関係を分析し治療方針を決定し、治療を進めていきます。

 

子供の矯正

子供の矯正治療でまず気になるのは、開始時期だと思います。骨格的な不正があったり、重篤な場合には一般的に乳歯列、または混合歯列期(乳歯と永久歯が生えている時期)に治療をはじめて、成長を利用した治療を行います。

また、歯がデコボコなだけとか、歯のみの不正が多い場合、すべての歯が永久歯に生え変わってから治療を行うことも考えます。
ただ、個人差があるため、不正の程度、生え変わりの程度、本人が治療をどの程度希望しているか、学校生活、受験などの時期的な問題、経済的な問題などをふまえたうえで、治療開始時期を考えていきます。

また、骨格がかなり悪い場合には成長発育の様子をみていくために、定期的に記録をとり、本人の成長発育の変化を調べていく必要があります。
これらを総合的に判断するためにも、おかしいなと気付かれた時にご相談ください。

■ 子供の頃は、骨が柔らかく、歯が早く動きます
子供の頃に治療を開始するメリットとしては、一般的に骨が柔らかく、歯が動きやすいことです。さらに、骨格的な不正の改善を行えるということです。その結果、不正な成長パターンを改善することで、本来の良好な顔立ちになると言われています。
又、最近は、術式の工夫により、8歳から10歳にかけての早期に治療を開始することにより、歯を抜かない治療ができる可能性が高くなるといわれています。
私どもでも、8歳〜12歳頃までの子供の時期に治療開始することにより、可能なかぎり歯を抜かないで永久歯での歯並びをよくする試みを行います。

■正しい歯並びチェック!

歯とアゴの大きさ・位置のバランス → デコボコがないか
アゴの骨、または頭の骨の成長発育
顔の筋肉の健全な成長 → 前から見て、下アゴが左右にズレていないか
横顔を見て、出っ歯や受け口ではないか
正しい呼吸、正しい姿勢 → よく口を開けて呼吸していないか
発育に悪い影響を及ぼす癖がないか → 頬杖・指しゃぶり

 

少しでもチェックがあれば、歯科医院へご相談下さい。


 
Copyright(C)2007 Asakura Dental Group. All Rights Reserved.