アサクラ口腔ケアプランセンター

アサクラ口腔ケアプランセンター

介護保険事業者 指定事業所番号2774201046

医食同源

介護のご相談

利用される立場になって介護の相談をお受けします。
「困っていること、不便、不安に思っていること」ケアプランの作成からホームヘルパーの派遣、通所リハビリテーションのことなど介護についての書類作成からお世話まで、相談に応じています。
介護保険についての質問、住宅改修の申請手続きなど、ご本人・ご家族と一緒に計画作りをします。小さなことでもお気軽にご相談ください。


>>介護相談会のご案内


健康の源は食事をおいしく、楽しくいただくことにあります。
そのためにはお口の健康がキーポイントです。
生活に支援を必要とされる方の楽しいお喋りや食事ができるように「入れ歯」や「口腔内」の健康維持も介護のメニューに入っています。
皆さんの快適な生活をサポートするよう努めています。

介護保険

介護保険は社会全体で介護が必要となった方を支える仕組みです。 介護保険の給付を受けると本人の希望する必要なサービスを基準料金の1割を負担することで利用できます。
65歳以上の方は「第1号保険者」です。介護認定を受け、認定が下りると、公的機関・民間機関を問わずに誰でも利用できます。
40歳以上65歳未満の方は「第2号保険者」として、医療保険に加入され、特定の疾病(※)で介護が必要と認定されると65歳以上の方と同様、サービスを利用することができます。

※特定の疾病とは

①筋萎縮性側索硬化症 ②後縦靭帯骨化症 ③骨折を伴う骨粗鬆症 ④シャイ・ドレーガー症候群 ⑤初老期における痴呆 ⑥脊髄小脳変性症 ⑦脊柱管狭窄症 ⑧早老症 ⑨糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、糖尿病性神経障害 ⑩脳血管疾患 ⑪パーキンソン病 ⑫閉塞性動脈硬化症 ⑬慢性関節リュウマチ ⑭慢性閉塞性肺疾患 ⑮両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

要介護認定の申請

介護保険の給付を受けるには、要介護認定が必要です。 申請から介護サービスの開始まで、そして介護サービスの内容を利用者の方の立場に立って運営し、利用者の方の相談窓口となるのがケアマネージャー(介護支援専門員)、そしてアサクラ口腔ケアプランセンターの仕事です。


サービス開始までの流れ

相談・申し込み

まずはご相談ください。

要介護認定の申請

介護保険の要介護認定を受けようとする方は、
認定機関(市町村など)に申請書を提出します。

認定調査

調査員が被保険者の自宅に伺い、日常生活動作などについて調査します。

要介護認定

調査員の調査と主治医の意見書により
市町村による判定が行われます。

ケアプラン

ケアマネージャーがご利用者、ご家族と相談し、
介護サービスの利用計画を作成します。

サービス開始




要介護状態区分

市より、判定結果に基づいて、次の区分により介護を必要とする度合い(要介護状態区分)を決定・通知されます。

要介護状態区分 心身の状態のめやす(例)
要支援 食事や排泄はほとんどできるが、掃除などの身の回りの世話に介助が必要。
要介護1 食事や排泄はほとんど自分でできるが、身の回りの一部に介助が必要。立ち上がり等に支えが必要。
要介護2 食事や排泄に介護が必要なことがあり、身の回りの世話全般に介護が必要。立ち上がりや歩行に支えが必要。
要介護3 排泄や身の回りの世話、立ち上がり等が自分でできない。歩行が自分でできないことがある。
要介護4 排泄や身の回りの世話、立ち上がり等が自分でほとんどできない。歩行が自分でできない。問題行動や全般的な理解の低下が見られることがある。
要介護5 食事や排泄、身の回りの世話、立ち上がりや歩行などがほとんどできない。問題行動や全般的な理解の低下が見られることがある。

口腔ケアと誤嚥性肺炎の可能性

老年医学雑誌に「老人性肺炎の病態と治療」という論文が掲載されています。 中でも専門的な口腔ケアが高齢者の呼吸器疾患の予防分野に大きく効果があると報告されました。
脳血管障害があり、自立的行動に低下の見とめられる高齢者で発病する可能性の大きい「誤嚥性肺炎」について長期追跡研究の結果から、介護による一般的な口腔ケアに加えて、専門家によるケアでその予防がもたらせると報告されています。
身体的、精神的活動の維持改善とともに口腔ケアによる口腔内の衛生維持がもたらす意義は大きいのです。

アサクラ口腔ケアプランセンター
0120-468-321までお気軽にご相談ください。

アサクラ介護ステーション

指定障害福祉サービス事業者
指定事業所番号2764200065

障がい者の方の自立をサポートする事業所です。
障がい者自立支援法に基づいて、ホームヘルパー、ガイドヘルパーが訪問し、居宅介護(生活を支援)と外出のときの移動支援(地域生活支援事業)を行います。

■居宅介護
食事・入浴・排せつなど介助を自宅で行います。
また、掃除・洗濯・調理など生活に必要な家事も行います。
■移動支援
利用者の方といっしょに外出して余暇活動を
スムーズに行えるようサポートします。

市役所や地域の病院や各支援施設と連携を十分にとって、
居宅介護、移動支援サービスを行っています。

 

お問い合わせ・ご連絡は下記まで。

アサクラ介護ステーション

T E L 072-623-5519

F A X 072-624-8321

個人情報保護について

アサクラ口腔ケアプランセンターにおける
個人情報のとりあつかいについて

個人情報保護について

有限会社エムエスエーが運営する介護事業所である アサクラ口腔ケアプランセンター、アサクラ介護センター、アサクラ介護ステーション の取得した個人情報については、個人情報保護関係法令を遵守して管理します。

  • 私どもが運営する介護事業所では、介護保険を利用するため、あるいは支援費を利用して必要なサービスをご利用いただく際等に個人情報をお尋ねします。
  • 私どもの事業所が取得する情報は私どもが提供するサービスをご利用いただくために、必要なものに限られています。
  • 私どもが取得した情報は、大きく分けて次の3つの目的で使用します。

  1. 毎月第3土曜日の午後6時から8時までのサービス担当者会議のため
  2. 利用者の皆様からのお問い合わせに対応するため
  3. 医療機関など利用者の健康的な生活を行うために資料を求められた場合(あらかじめご本人の同意を書面で確認いたします)

私どもが上記の目的以外に個人情報を利用したり、第三者の利用等に供することはありません。 ただし、以下のような場合には、当センターは個人情報を第三者に提供することがあります。 

  1. 情報提供について本人の同意がある場合
  2. 法令に基づく場合
  3. 人の生命、身体および財産等に対する差し迫った危険があり、緊急の必要性がある場合で、本人の同意を得ることが困難な場合
  4. 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合で、本人の同意を得ることが困難な場合
  5. 国の機関もしくは地方公共団体等が法令の定める事務を遂行することに対して、協力する必要がある場合で、本人の同意を得ることにより、当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
  6. サービス担当者会議など、利用者の方のサービス改善のための会議に必要な場合。